Always Illustrator

~ Illustrator入門編 使い方ガイド ~

表示(V)

メニューバーにある【表示(V)】は主に作業をし易くする為の画面の見え方を変えるコマンドばい(^O^)

データを書き出した時と同じ見え方で作業を進めたり、逆にパソコンのメモリを軽減させて処理を早くする為に線画にしたりとか、細かい部分の編集やアートボードの全体像を見たい場合にズームインしたりズームアウトしたりするところよ。

表示メニューを使ってできること

作業画面の表示を変える

現在の作業画面の見え方を変えられるばい。

ざっくり分けて印刷した時と同じ様に色が付いた状態と、色とかもなくてただ線で表現されとうだけの状態に切り替える事ができるとよ。(^O^)

基本的にはアウトラインの状態にすることは少ないと思うっちゃばってんデータ量とかが増えてくると動作が遅くなるけんスピード優先やったらアウトラインで表示しとう方が良かね。(・∀・)

視覚的色のチェック

主にプリントアウトした時の色をモニター上で再現したり、パソコンの色設定を加えていない状態で見える色を確認したりできるばい

あとは色弱者が見たときの色の見え方ば再現したりできるけん、ユニバーサルデザインとかをする場合はこの機能で確認しながらしたら良かばいね!(・∀・)

画面の拡大&縮小

作業中アンカーポイントが密集しとうところとか細かいオブジェクトを編集するときにそのままの大きさじゃ作業しづらいけんこの表示メニューば使って画面を拡大したり縮小したりするとよ。ヽ(・∀・)ノ

各種境界線や領域の表示と非表示

Illustratorば操作しよったらオブジェクトを囲む四角い点線を見たことあると思うっちゃけど、そういういわゆる境界線的な物ば、表示したり非表示にしたりできるとよ。

あと、グリッドとかスライスの線の表示もここで切り替えるばい

ガイド機能とグリッド吸着機能

作業ばしよってオブジェクトば綺麗に並べたい時とかはアートボードにガイドラインを付ける事ができるけん、それ目掛けてオブジェクトとかばドラッグさせたら一定の距離まで来ると自動で吸着してくれるけん綺麗に並べる事ができるとよヽ(・∀・)ノ

表示設定の保存

作業しやすいように、色々表示設定ばするやろうけど、Illustratorば立ち上げる度に同じように設定をするのは大変やん?

だけん、その辺もちゃんと考えてくれとって、今の表示設定ば保存する機能もついとうとばいヽ(*´∀`)ノ